先日、出口光会長の公開収録に参加してきました。

出口会長のHPはこちら

その中で、「心の垣根」について伝えており、

自分は相手の特徴を批判している

人の見方によって、関わり方が変わる

という内容です。

心の垣根

人間には、4つの魂と1つの靈があり、

荒魂:前に進む力「勇」
和魂:人と親しみ調和を保つ力「親」
幸魂:感情豊かな力「愛」
奇魂:好奇心や分析力「智」

直靈(なおひ)

が統括しているという、日本古来の思想です。

荒魂「勇」から、和魂「親」を見ると
「すぐに妥協する」

と見えがちで、

幸魂「愛」から、和魂「親」を見ると
「本当は冷たい」

と見えがちで、

奇魂「智」から、和魂「親」を見ると
「ポリシーがない」

と見えがちになります。

なぜ、和魂「親」についてばかり見ているか?

それは・・・

「人」だけではなく、
「人の集合体」である「国」にも当てはまると思うからです。

自分は相手の特徴を批判している

「とある国」も、このような批判されていませんでしょうか?

大調和の国

であり、最大の特徴である点ではないか?

こんな見方もできるわけです。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから