「NLP」とは、

Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)

のことです。

武学と共通点がたくさんありますので、

関連している部分について、

お伝えしてみたいと思います。

なお、

一般的に伝えられている「NLPの概念」とは少し違う部分があるかもしれません。


■武学とNLP~その1~はこちら■
■武学とNLP~その2~はこちら■
■武学とNLP~その3~はこちら■
■武学とNLP~その4~はこちら■
■武学とNLP~その5~はこちら■
■武学とNLP~その6~はこちら■


今回は、

「受け取る」と「受け入れる」

について、お伝えしたいと思います。


「伝える」と「伝わる」

が違うように、

「受け取る」と「受け入れる」

も違います。


「受け取る」

→相手の言動を、
 解釈を入れずにそのまま理解する。
 =相手がそう思ったということに同意する。

「受け入れる」

→相手の言動を、
 そのまま自分の中に取り入れる。
 =相手の考えにそのまま同意する。


コミュニケーションはキャッチボールに例えられます。

キャッチボールを氣持ちよく行うためには、

次のことが必要になります。

①キャッチボールを「始めたい」という意図をもつ

②同意をとる

③向かい合う

④適度な距離をとる


人は皆、

適度な距離感覚

を持っています。

近すぎても
遠すぎても

ストレスを感じます。

物理的な距離だけではなく、

精神的な距離もあります。

いかにお互いがストレスを感じない距離で、

キャッチボールを始め、

既に相手の中に答えがあると信じ、

コミュニケーションを使って可能性を引き出す=拓くこと

このことがNLPそのものではないか?

このように思います。


これで武学とNLPについては

一区切りとしたいと思います。


武学オンライン講座では、

コミュニケーションを非言語で行う稽古についても

お伝えしています。

大切なのは、

いかにバイアスなく相手と関わることができるか?

です。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから