「NLP」とは、

Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)

のことです。

武学と共通点がたくさんありますので、

関連している部分について、

お伝えしてみたいと思います。

なお、

一般的に伝えられている「NLPの概念」とは少し違う部分があるかもしれません。


■武学とNLP~その1~はこちら■
■武学とNLP~その2~はこちら■
■武学とNLP~その3~はこちら■
■武学とNLP~その4~はこちら■


今回は

「やり方」より「あり方」が伝わる

についてお伝えしたいと思います。


言っていることよりやっていること

に、

本当に伝えたいメッセージが

込められていることが多いです。

「無意識にしている仕草」

に特に現れやすくなります。


ただし・・・

いくつかのパターンがありますが、

パターンを認識することにとらわれると、

目の前の相手が見えなくなることもあります。

聞き手にも同じことが当てはまる

のであり、

相手の話しを聴くために

相手に誤解を与えない=話しやすくする

ことを

まず意識する

ことがとても大切です。


例えば・・・

「目線」「手の動き」

については、

一般的に次のとおりと言われていますが、

百人百武学と言うように、

場合によっては「逆」の人もいます。

目線

手の動き

もしもあなたが、

相手の話しを

腕組みして聴いていたとしたら?

相手はどのように思いますか?

仕草から、相手の状態を観ることもできますが、

聴き手になる自分の状態に意識を向ける

ことがとても大切です。


武学オンライン講座では、

NLPだけではなく

NLPを活用した講座の仕組み

についてもコンテンツにしてお届けしています。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから