「NLP」とは、

Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)

のことです。

武学と共通点がたくさんありますので、

関連している部分について、

お伝えしてみたいと思います。

なお、

一般的に伝えられている「NLPの概念」とは少し違う部分があるかもしれません。


■武学とNLP~その1~はこちら■


NLPの意図するところ

NLPの意図するところは、

大きく3つ

あると思います。


『相手』のフィールドに入る

「私が」「相手の」フィールドに入る

ということであり、

「相手が」「私の」フィールドに入る

ことではありません。

まず相手を理解する

ところが重要だと思います。


『相手』のモノの見方・観方を尊重する

=受け取る
≠受け入れる(同意する)

受け取りますが、受け入れる必要は絶対条件ではないと思います。

似ているようで全く違う言葉・・・

「今日は寒いですね」

A『寒いと感じているのですね』
B『そうですね、寒いですね』

「受け取る」
「受け入れる」

の違いを会話で示したものです。


『相手』の中心(本質)と関わる

=『相手』の反応は、自分が創り出している
=『相手』の「本質」を引き出す
=「本質」は、誰もが内側に元々持っている

「反応」ではなく、

その奥にある本質と関わります。


武学オンライン講座では、

NLPを武学の観点からコンテンツ化しています。

とてもシンプルであり奥も深いのがコミュニケーションですが、

言語・非言語のコミュニケーションに着目しています。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから