今回も、「目標化するときに大切なこと」についてお伝えします。

今回は

表層問題の深層化

についてです。

目標化するときに大切なこと~その1~

で、「防衛反応」についてお伝えしました。

深層問題にアプローチしようとすると、防衛反応が起こりやすくなる=防衛反応です。

人が他人に本心を伝えたくないのと同じで、真相に近づけば近づくほど、つまり問題を深層化すればするほど、拒否反応が起こります。

防衛反応

「人に言えないほど恥ずかしい問題」

こそが

「深層問題」

なのですが、

認めたくない等々で、防衛反応が起こり、

他人や環境のせいにしたり、
そもそも問題がないように振舞ったり、
過去のやり方にこだわったり、
被害者でありかわいそうな人だと振舞ったり、
他の事に一生懸命取り組んだりすること

が発生しやすくなります。

これを避けるための方法があります。

「付箋を使うこと」

です。

手順は比較的簡単ですが、文字で伝えるのはなかなか難しいです・・・

①表層問題を付箋に書き出す
②似たようなジャンルの問題を隣にくるように並べる
③隣同士の付箋に共通した問題を書き出す
→最初の付箋が10枚になったとすると、③で9枚になります。
④最後の4~5枚になるまで繰り返す

表層問題の深層化

実際に行っている画像は上の通りです。

最後の4~5枚になった問題を見て

泣きたくなる
恥ずかしくなる
目を背けたくなる

こんな感情になったら、表層問題の深層化は成功した

と言えます。

そうでない場合は、

どこかで防衛反応が働いている可能性が高い

と言えます。

自分のことはなかなか見づらいものです。

表層問題の深層化、

実は、他人の力を借りるととても効果的です。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。