「徳に関すること」の記事一覧

武学の観点からみる「徳」とは、 スタートとゴールの間にある道中であり、素直な行いです。 素直な行いの中には、 ・喜怒哀楽を表現する ・人より自分の気持ちを優先する ・人と一緒に楽しむ ・人のために行動する といった、 自・・・

最近の動画や講座では 「直霊」(なおひ)という言葉がよく出てきます。 この言葉は、一霊四魂(いちれいしこん)という 日本に古来からある思想の中に出てきます。 最初に、魂と霊の違いを簡単にお伝えします。 本当はもう少し深い・・・

今回は「大和(やまと)の考え方」についてお伝えします。 大和とは、漢字のごとく、「大きな和」のことです。 何事も包み込む寛容さ、とも表現できます。 クリスマスを祝い 除夜の鐘を聴き 神社に初詣に行く これも「寛容さ」を表・・・

今回は、「武士道はどのように発達したか?」についてお伝えします。 「武士道」は、日本の近世以降の封建社会における武士階級の倫理・道徳規範及び価値基準の根本をなす、体系化された思想一般をさし、広義には日本独自の常識的な考え・・・

今回は「武士道」についてお伝えします。 「武士道」(サムライスピリット)という言葉は、新渡戸稲造の著書『武士道』で広まったもので、「武士道」という言葉は明治33年(1900年)以前のいかなる辞書にも載っておらず、実際には・・・

今回は「武を中心にした大和(やまと)の文化」についての後編です。 「サムライ」は特別な存在で、「貴人、または尊敬すべき人」という意味です、ということをお伝えしました。 まず最初に、「サムライ」についてです。 あなたは、「・・・

今回は「武を中心にした大和(やまと)の文化」について、2回に分けてお伝えします。 特に12月から1月にかけて、諸外国から見ると不思議な国に見えることがあります。 クリスマスを祝い 除夜の鐘を聴き 神社に初詣に行く という・・・

ページの先頭へ