「学びに関すること」の記事一覧(2 / 4ページ目)

教育について調べてみると、文科省と経産省で全く同じことを言っているのがわかります。 文科省 「21世紀型能力」=「生きる力」 「基礎力」→「思考力」→「実践力」 「基礎力」:言語、数、情報(ICT)を目的に応じて道具とし・・・

今回は「メカニズム」(仕組み)についてお伝えします。 少し哲学的な書き方になっていますが、意図を感じてみてください。 「己を知る」のは、「自分とは何か?」「人生の目的は何か?」この問いに答えることです。 問いに答えるため・・・

口や文字では、いくらでも偽ることができますが、 体は偽ることができません。 「疲れてない?」 「怒っているの?」 などなど、「顔に出る」と言いますが、 性格も感情も、生き方もあり方も、体のどこかに出てきます。 少し違うか・・・

モノの観方(見方)についてで、 見たいように見て、聞きたいように聞いている 定義(意味や価値)は「そのもの(対象)」に付随しているのではない 定義(意味や価値)は「それ(対象)をみている人」に付随している 「自分が見てい・・・

モノの観方(見方)について(後編)で、次のようにお伝えしました。 定義(意味や価値)は「そのもの(対象)」に付随しているのではない 定義(意味や価値)は「それ(対象)をみている人」に付随している もしも意味や価値が「その・・・

今回は少し雑学的な感じになります。 アイスブレイクとして、お読みいただければと思います。 さて・・・ パソコンで「くんふー」と入力して、変換すると、「功夫」となるはずです。 (※私のパソコンだけではないと思うのですが・・・・・

武学のトレーニング(稽古)の目的は、ただひとつです。 「日常で使えるようにするため」 この1点です。 さらに、行うのは、 エネルギーコントロールの仕方 であり、 エネルギーの使い方をより微細にする ために行います。 ただ・・・

ページの先頭へ