「学びに関すること」の記事一覧(2 / 4ページ目)

いくつもの講座に行き、いくつもの資格を取り それが活用できていない場合 いくつもの理由はあると思いますが、 代表的なのではないかと思われることは2つあります。 外に求めている 自分には能力が足りない、知識が足りないなど ・・・

日本人は無宗教という言葉を平気で使いますが これは、すごいことだと思います。 「なぜ宗教という信仰がなくて、社会の秩序が保てるのか!?」 と、外国人の嫁家族に不思議がられて書いたものが 新渡戸稲造の「武士道」です。 日本・・・

今回は「サポートとヘルプの違い」についてお伝えします。 まずは一見して関係ないと感じるところから。 「知っている・知らない」には次の3段階があります。 ①「知っていることを知っている」 ②「知らないことを知っている」 ③・・・

今回は「学習の7段階」についてお伝えします。 「学習の7段階」とは、次のとおりです。 ①知っているつもり ②知っている ③やっている(やった・やっていた) ④会得している ⑤活用している ⑥伝承している ⑦創造している ・・・

今回は「相乗創育」についてお伝えします。 「相乗創育」とは、 お互いに切磋琢磨し、新しいものやより良いものを創造する ことです。 人間の最大の教育は「創造」です。 「創造」は、主に次の力を身につけさせます。 ①考える力:・・・

今回は「教学共育」についてお伝えします。 「教学共育」は聞き慣れない言葉かもしれませんが、学ぶことに関してものすごく機能します。 まずその前に・・・ 「知っている・わかっている・理解している」 ことは、 知識として持って・・・

教育について調べてみると、文科省と経産省で全く同じことを言っているのがわかります。 文科省 「21世紀型能力」=「生きる力」 「基礎力」→「思考力」→「実践力」 「基礎力」:言語、数、情報(ICT)を目的に応じて道具とし・・・

ページの先頭へ