「武学に関すること」の記事一覧(2 / 9ページ目)

2500年以上前から 皇帝など国のトップを守るために 一子相伝で伝わってきた武学。 時代が移り変わり、 武学の要素を色んな視点から説明できるようになり 限られた人達だけではもったいない 武学の要素に別の視点で触れている人・・・

「みそぎ(禊)」と聴くとどのようなイメージがありますか? 滝に打たれる? 冬に水を被る? 修行? それも禊ですが、皆さん、もっと身近に無意識に禊をしています。 例えば、神社の入り口で手や口をすすぐのも禊のひとつですし、 ・・・

武学大家図の赤枠のところについてお伝えします。 志体術、洪家体術、倭体術、十四経絡という 4つの体術を体得した後に拡がる世界観ですが、 ここはもはや変態といっても過言ではありません。 武学士の前に徳学師というものがありま・・・

武学を通して徳を学ぶ道を「武徳(ぶとく)」と言っています。 「人徳(じんとく)」と近いニュアンスがあります。 武徳(人徳)は、3つの要素の掛け算で成り立つと考えられます。 武徳(人徳)=人格 × 人望 × 元々持つ能力 ・・・

武術の練習には、 実際にパンチキックを避けるような動作の型もあります パンチを繰り出した相手を羽交い絞めにして崩しているようにみえるものもあります 剣などの武器を使って修練することもあります 触っただけで相手が崩れるよう・・・

武学体系図の丸の部分をご紹介します。 「志体術」「十四経絡」「洪家(こうか)体術」「倭(やまと)体術」 という部分です。 それぞれ講座の名前です。 講座の内容ではなく、講座から観る修練についてお伝えします。 こちらの図が・・・

武学を学ぶとどうなるか、という質問をいただきました。 武学体系はこちらの図であらわせます。 今回は、この図の「武学士」「徳学師」「徳育士」「徳育家」をご紹介します。 最終的な段階は、武学士といいます。 素直な心で、素直な・・・

ページの先頭へ