「武学に関すること」の記事一覧

武学における学習レベルは6段階あります。 ①認識レベル:知っているつもり→知っている ②体験レベル:知っている→やっている ③理解レベル:やっている→会得している ④成長レベル:会得している→活用している ⑤貢献レベル:・・・

武学はアダプターテクニックだと思っています。 「アダプター」とは「適合させるもの」という意味です。 つまり、 アダプターテクニックとは、自体は単独ではあまり機能しないけれども、 他に存在する「発想・テクニック」をつなぎ合・・・

以前の記事で、スティーブン・R・コヴィー博士の「第8の習慣」について 「ずっとやってきたことです」と言いそうになったという動画のダイジェストをお送りしました 今回は、第8の習慣のないように触れながら 武学とどのような共通・・・

武学オンライン講座でも、リアル講座でも、最初に「礼」をお伝えしています。 「礼」をするために頚椎・腰椎をまっすぐにするのですが、 頚椎・腰椎は身体の前側、後ろ側の筋肉と連動しています。 まっすぐにすることでエネルギーが通・・・

武学は、合戦で活用されたものなので、 1対多、しかも武器有りという戦いを想定しての練習もあります。 基本は1対1と変わりません。 視野を広くたもち、身体を自然体にして余計なリキミをなくし、 相手の攻撃を感じて避ける、対処・・・

武学の稽古の基本は、対人稽古です。 激しい稽古もありますが、最初はゆっくりと、相手の押す感覚、押される感覚、触れる感覚を認識していきます。 相手は映し鏡のように自分の状態を映してくれます。 強く叩けば、相手は無意識に防御・・・

ページの先頭へ