これからAIが普及すると、販売、経理、事務、秘書、運転、案内係、接客など、今ある職業の多くがAI(コンピューター)で出来るようになると言われています。

多くの人が

「自分は何のために生きるのか」を問われる時代

だとも言えます。

これから人間が必要な要素を、私の独断と偏見でお伝えします。

1.芸術

音楽や絵画やダンスはロボットにもできますが、今のところ、プログラミングされたものを正確に行うことしかできません。

人の場合は、「技術的にはあまり上手ではないけど、感動する」というような、「なんかよく分からないけど」ということがあります。

もちろん、鍛錬した技術の上に、気持ちやエネルギーが宿り、相手に伝わることで多くの人を感動させるものもあります。

ロボットには、今のところ「なんかよく分からないけど」はありえないとされています。

2.武術

これは、私が武術家だからではないです。

武術は、人と人のエネルギー交換によって、相手の状態と自分の状態がわかります。

武術は集団のエネルギーコントロールです。

内的なエネルギーのコントロールを行うことで、人間力(ヒューマンスキル)を高めていくことが武術です。

3.お笑い

地球上の生き物で、人間だけが持っているといわれているのが「笑い」です。

笑ったような顔の動物はいますが、氣持ちが笑っているのは人間だけと言われています。

こう言ったらコケる、というような蓄積されたお笑いの方程式はあると思いますが、いわゆる「天然」の抜けた笑いというのは、人だからこそ、ではないでしょうか。

これらに共通していることは、

「楽しいこと」「美しいこと」

つまり、「真善美」です。

「真善美」の追求が、これからの人間に必要とされていることだと、私は考えます。

動画でも同じことをお伝えしています。
約8分の動画です。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。