少しでも『武学』を世に広めたいと思い、ブログを展開することにしました。

まず最初に『武学』とは何ですか?という質問を受けますので、お伝えします。

武学とは、2,500年前には既に成立していた、原理原則であり、その性質上、皇帝や軍師などの国の最高統率者に極秘に伝えられ、進化発展してきた「帝王学としての概念と技術」のことです。

また、自他不敗の活学。

つまり、自分も負けない、相手も負けさせない、人生に活用する為の知行徳一の実践的学問。

・・・と、お伝えしてもピンと来ない場合が多いと思いますので、かなり思い切りよく伝えてみたいと思います。

まず・・・

①最高統率者に基本的に一子相伝で伝えられてきました。
→「そんなん、みんな知ったら、みんな使っちゃうやんけ」という感じでしょうか?
ゆえに、表に出てくることはありません。

②「いかに人を統率するか?」を究極に考えたもの。
→どのようにすれば、人が従うか?について、心理などの側面から考察されています。
→最初は「従わない者は殺す」というところからスタートしましたが、「究極」を突き詰めていくうちに、人は殺すのではなく活かす、という真逆に行き着きました。
つまり「どのようにしたら平和にできるのか?」ということです。

究極の説明をしてしまうと、

武学の目的は「徳の体得」

です。

結果的に(?)「争わなければいいやんけ」となり、「争わないにはどうしたら?」となっています。

「うまい・安い・早い」の牛丼ではありませんが、武学にも3拍子があります。
3つが揃っていると、初めてバランス良い状態を保つことができるようになります。

心・意・体のバランス

3つのバランスとは

心・意・体

です。

一般的に言われる、「心・技・体」と意味はほぼ同じ、と思っていただいて大丈夫です。

心:「医術」=心身健康の維持向上:自分自身のコントロール
意(技):「兵術」=戦略(いかに戦わないか?):集団のコントロール
体:「体術」=戦術(具体的な戦闘のための術):相手のコントロール

となります。
「コントロール」という言葉を使っていますが、「一体化」の方がより近い言葉になります。

なぜバランスが必要なのか?ですが、

「徳なき心」は「ただの延命」であり、生きているだけの状態。
「徳なき意」は「殺戮」。
「徳なき体」は「暴力」。

どのように持ちえた力を使うのか?が最も大切なことになります。

「心」は「体」すなわち行動なくしては実現しませんし、行動をするに当たって必要になるのが「意(技)」の技術(スキル)となります。
「孫子の兵法」はこのうちの「技」に当たります。
いくら「技」に詳しくても、行動しない限りは実現しないことは、誰でも知っています。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。