武学で一番最初に学ぶことは、

「主体性を持つ」

ということです。

では、「主体性を持つ」ということは、どのようなことなのでしょうか?

「主体性を持つ」ということは自由になることで、

全ての責任を外から内へと変換させること

です。

この世界で起こる全てを自分の責任として捉えることにより、真の自由を手に入れることが可能になるのです。

一倉定氏(故人)がいらっしゃいます。

群馬県出身の経営コンサルタント。5000社を超える企業を指導し、多くの倒産寸前の企業を立て直したとされる。
経営コンサルタントの第一人者とされ、苛烈なまでに経営者を叱り飛ばす姿から「社長の教祖」「炎のコンサルタント」との異名を持つ。
「ダメな会社はTOPがすべて悪い、人のせいにするな、部下のせいにするな、環境のせいにするな」が基本方針。
空理空論で経営する社長や、利益だけを追求する社長に対しては、烈火の如く怒り叱り飛ばすとされ、「こんなに叱られるのは生まれて初めてだ」「講義と聞いて来たが、これは講義ではない、落雷だ」との所感を述べる経営者もいたほど。
後継者に不安を抱く創業者からも人気で、いわばダメ社長の再生人として不動の地位を誇る。

~ウィキペディアより引用~

日本経営合理化協会出版局から出されている「一倉定の経営心得」に、世界で起こる全てを自分の責任として捉えることが、究極に書かれています。

「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である」

知らないうちの起こったことすら、すべて自分の責任、ということを表現なさっています。

「主体性を持つ」ことが「人間力を高めるための第一歩」

なのです。

真の自由は、主体性からのみ生まれます

自由とは他人の概念や観念から解放されて、自分で生きていること。
人の概念で生きるのではなく、自分の概念で生きる。

例えば、凄いと思われたいのではなく、凄くなる。
おいしいものを食べるのではなく、おいしく食べる。
やりがいがあるのではなく、やりがいを持つ。

これが主体です。

主体性とは、他人のシステムではなく自分のシステムで活動することで、言い換えるならば、自分の思考を持つことです。

依存は他人のシステム(考え方・概念)で生きることで
主体は自分のシステムで生きることを選択できる

ということです。

約5分の動画です。
「人間力を高めるには?」で話しています。
少しでもあなたのお役に立てれば光栄です。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。