7つの習慣で有名な スティーブン・R・コヴィー博士をご存知ですか?

スティーブン・リチャーズ・コヴィー(Stephen Richards Covey, 1932年10月24日 – 2012年7月16日)は、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ生まれの作家、経営コンサルタント。
1952年、ユタ大学卒業。1957年ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。 1976年、ブリガムヤング大学にて博士号取得。
『7つの習慣 成功には原則があった!』の著者として世界的に有名。
著書『7つの習慣 成功には原則があった!』は3000万部以上の売上げを記録し、日本でも200万部以上が販売されている。


実は2005年に【第8の習慣 「効果」から「偉大」へ】という本を出版しています。

この第8の習慣は、7つの習慣の続編ですが、

この第8の習慣は、

7つの習慣に足りなかったから付け足したというものではありません


「その人だけにしか成し得ない卓越したこと」のためには

「インナーボイス(内なる声)」が重要だと言っています。


しかも、このインナーボイスは、

21世紀を生きるリーダーが

主体的にリーダーシップを発揮していくために必要である

というのです。


コヴィー博士が定義する「ボイス」とは

「個としてのかけがえのない意義の現れ」であり

「その人にしか果たすことが出来ない意義ある貢献」のこと

だと言っています。

つまり「志」です。


そして、

常識や人の意見が正しい、間違っているというものは

自分が定義付けているものであることを知り、

自分の定義付けを認識してアウトプットしていくことが

これからの時代のリーダーシップであると。


生前のコヴィー博士にお会いしてこの話を聴いたときに、

「ずっとやってきたことです」

と言いそうになりました。


武学では、身体から自分の声を聴き

それを体現していくことなので

まさに、第8の習慣そのものであり、

武学が経営やリーダーシップに有効であると確信を持てました。

次の動画は、有料版オンライン講座のダイジェストです。
コヴィー博士にお会いした時の話を短くお伝えします。
1分40秒の動画です。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。