武学体術では、手合わせの稽古を行うこともあるのですが

この時に「相手をやっつけよう」とか「負かそう」「勝とう」と思うと

相手はそれに対して防御して固くなるので力技が必要になり、武学体術ではなく格闘技になってしまいます。


いかに平常心で、自分のエネルギーを整え、相手にエネルギーを入れていくか

崩れたたのに嬉しそうだったり、元気になったりする、というものなのです。



これは、日常での「会話」や「あり方」でも応用できます。


苦手な相手に対して、「苦手だなぁ」と思っていると

「苦手だなぁ」が伝わってしまいます。


「怖い」と思っていると、相手は余計怒ってきますし、

逆に怖さから強く出ると、相手は極度に恐縮するかともあります。


コミュニケーションのスキルにばかり頼りきりでも、相手には上辺な感じや、わざとらしさが伝わります。


武学体術と同じように、自分のエネルギーを整えて、相手に接していくと

自分の中にある「苦手」「怒り」「怖さ」「寂しさ」が少なくなり

相手もそれを感じてコミュニケーションしてくれるので

良いコミュニケーションが出来ることが多くなります。


レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから