脳の10%神話とは、

「ほとんど、あるいはすべての人間は脳の10%かそれ以下の割合しか使っていない」

という長く語り継がれている都市伝説的なものです。


科学的な根拠はないようなのですが、

今回は、この神話を使ってお伝えしていきます。


真言宗の宗祖・弘法大師(空海)が伝えてきたものは、「密教」です。

真言密教の修行を「三密」の行と言います。

生命現象はすべて

身(身体)

口(言葉)

意(心)

という3つの働きで成り立っているというものです。


合っているとか間違っているとか、

正しいとか批判しているのではなく、

あくまでも「そんな感じなのだな」ということを受け取ってもらえればと思います。


三密を言葉を変えると・・・

身(身体)=「體」

口(言葉)=「顕在意識」

意(心)=「潜在意識」

とします。

この3つの関係性は、

足し算ではなく掛け算

だと思います。

身+口+意

ではなく

身×口×意

です。


物理の法則とは少し離れますが・・・

身×口×意=ポテンシャル(位置)エネルギー

として感じてみることにします。


脳の10%神話

ですので、

顕在意識と潜在意識をマックスまで高めるには?

ということを伝えていると思いますが、

世の中的には、

たくさん手法があります。


ではもしも・・・

「體」にも10%神話が当てはまったら?

どのようになるのでしょうか?


マックスを「10」とします。

體がもしも10%しか使えていなかったら?

顕在意識と潜在意識をマックスとしても、

身×口×意=1×10×10=「100」

という計算が成り立ちます。


顕在意識と潜在意識が「5」として、

體を50%=「5」使えるとしたら、

身×口×意=5×5×5=「125」

という計算になります。


私たちは、

「體」を末端まで使えていなかったり、

意識して使うことができなかったりします。

とてもざっくりとした伝え方になりますが、

「體」も意識して使えるようにする

のが「武学」です。

もちろん、どれかに偏るのではなく、

バランスも大切になります。


武学オンライン講座では、

リアルの場も創生し、

體を意識して使えるようにする稽古も行っています。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから