ニュートラル(中庸)の状態は保持できる

と思っていらっしゃる方がいますが、

保持はできません。


ニュートラルにすることができる

ということは、

ニュートラルになっても崩れる(ニュートラル以外の状態にもなる)

ということであり、

ずっとニュートラルのままであることは、

生きている限り難しいと思います。

なぜならば、

状況も自分の状態も変化するからです。


同じ体重、同じ水分量、同じ細胞、

同じ環境、同じ姿勢

であることを維持することが難しいのと同じです。

生きている限り、動きますので、

状況が刻々と変わります。


周波数などの波形と同じで、

過剰の状態や過小の状態を行ったり来たりしています。

ニュートラル


大切なことは、

認知する

こと。

過剰と過小とニュートラル(中庸)の状態を知ることができれば

主体的に選択することができます。


先ほど、

周波数などの波形と同じ

と書きましたが、

唯一、

中庸と思われる状態を保持できるようになる時があります。

脳波と同じであり、

脳波が止まる時だと思います。

※思いますとは、体験していませんので・・・


崩れること自体は悪いことではなく、

崩れる=ストレスとすると、

ストレスも成長の源泉になる、

ということです。


生きている限り、

ストレスはなくなりませんが、

今どの状態にあるのかを知る

中庸に戻す方法を知る

で、

選択の幅が増えることとなります。


オンライン講座では、

志・禮・行動の大切な3つのことを通じて、

あなた自身と向き合い、

ありのままのあなたの創造を目指します。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから