会社や組織の運営形態・・・どのように統括するか?

大きく分けて2種類の統括方法について、お伝えしてみたいと思います。


「国譲り神話」では明確に語句が使い分けされており、

「シラス」

「ウシハク」

です。

「国譲り神話」というのは、

出雲地方を治めていた大国主神が、

大和朝廷に国を譲り渡したという日本神話のこと。

国を譲り渡したのが大国主(オオクニヌシ)です。


大国主の治政のやり方は、

国の主人となる=領土領民の上に君臨する、

という統治形態

いわゆるトップダウン型

を示しますが、

これが「ウシハク」です。

「ウシハク」=「主人(ウシ)」が「履く(ハク=所有する)」

の意味です。

決して「悪」ではなく、

何も知らない・何もないところから行うには、

トップダウン型は必要です。


天照大御神の使いである建御雷神(タケミカヅチノカミ)は、

国譲りを迫る際に、次のように伝えます。

天照大御神の命もちての使せり。
汝(な)が領(うしは)ける葦原の中つ国に、
我(あ)が御子の知らさむ国と言よさしたまへり。
かれ汝が心いかに。(古事記)

(原文)
「天照大御神・高木神之命以問使之。
汝之宇志波祁流葦原中國者、
我御子之所知國、言依賜。
故、汝心奈何。」

「シラス」=「知らしめる」で、

何かをやろうとするときの情報の共有化を意味します。

つまり「知らせ」を聞いた皆が情報を共有化し、

互いに必要な役割を定め、

みんなで一致団結、協力して国造りをする、

ということであり、

ボトムアップ型

です。


「ウシハク」と「シラス」を図示すると、

次のとおりです。

シラスとウシハク


「シラス」型に必要なことは、

会って議する「会議」。

ひとりひとりが対等な立場で、

全体最適・部分最適化を図ることで、

より善い組織となっていきます。


武学オンライン講座の中では、

会議法についても扱います。

一般的なイメージの会議とは違い、

面白く進行でき、スピーディーなものです。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから