お金に関してですが、

その流れを見ていくと、

「おかしなこと」

に氣づきます。


例えば・・・

ネットバンクでお金を送金するとします。

一瞬にして自分の口座からお金が減り、

相手の口座のお金は増えることになりますが、

さて・・・

実際にお金が動いているのでしょうか?


単純に、

自分の口座にある残高の「数字」が減り、

相手の口座の残高の「数字」が増えるだけなのではないでしょうか?

実際のお金は確認できません。

不思議です。

どんな仕組みになっているのでしょうか?


「ウソでしょう?」とあなたはおっしゃるかもしれませんが、

お金は「マネーゲーム」と言われているとおり、

「ゲーム」です。

「ゲーム」は、「ルールを作った人に有利なルール」

になります。


例えば、マリオブラザーズというゲームは、

ゲームのプログラムをした人は、内容を全部知っています。

どのようにすれば、

最終ステージまで行けるのか?といったことを、

です。


では・・・

お金の流れを見ていくと、

ルールの最上階にいる人は「一握りの世界的金融家」(国際的な銀行家)

になります。

この、

「一握りの世界的金融家」に全部集まって行くように、ルールが設定

されています。


ピラミッドの形になっています。

1.「一握りの世界的金融家」
2.「国際決済銀行」(Bank for International Settlements)
3.「国際中央銀行」(International Centralbank:国際通貨基金・世界銀行)
4.「中央銀行」
5.「大銀行」
6.「世界的大企業」(企業統治体:エネルギー・食糧・水・医療・情報)
7.「政府」
8.「庶民」


何を支配しているのか?

・金融システム
・エネルギー
・食糧
・水
・医療
・情報

いろいろな分野を支配していますので、

「何をやっても上納金」

となってしまいます。


8.「庶民」は、何によって作られていくのか?

も考察してみるとわかります。

「教育」

です。

(※もしご興味があれば、「スライヴ (THRIVE Japanese)」を検索して、出てくる映画を観てみてください。)


数回に分けて「お金」についてお伝えしてきましたが、

『武学』とリンクする部分があります。


「依存から主体へ」

ということであり、

究極は「人間力を高める」

ということになります。

3分弱の動画ですが、ご参考になれば幸いです。



ひとりひとりは主体であり、

禮と志と行動

で、本来持っている魅力や才能を活かすことができます。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから