成功ワークの本には、身体に訊く方法(PQS)を多数ご紹介しています。

それはどれも2人以上で行うものばかりなので、

購読いただいた方から

「ひとりできませんか?」

というご質問をいただきます。






結論から申しますと、「できます」

ですが、訓練が必要です






多くの人は、普段、自分の身体の状態や感覚を意識していません。

そして、筋肉について、経絡について知りません。

その状態で行うことは非常に危険です。






なぜかというと、

質問を自分で自分の身体に「声で」聴いたとき

「頭で選んだ答え」で身体が反応します。

声に出さずに頭の中で考えた時も同様です。






また、身体の反応がYESなのかNOなのか分かっていないこともあります。






身体の状態を整えるセットアップの方法

筋肉の状態、経絡の状態を認識する日々の鍛錬

意識が介入しにくい訊き方

これらが出来てようやく、ひとりで身体に訊くことができます。






出来ていない状態でも、できたような氣になることはありますが

それは「正しいものではない可能性が高い」ということを覚えておいてください。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから