世界が終わる最後の一瞬まで、そう思って生きていたいのです。

地球上の生き物は、人間以外はプログラムのルーティンで生命を維持しています。

しかし、私たち人間は創造する生命体です。

 

「創造」こそが私たち人間の存在意義なのです。

ですから私達は、ルーティンのように生命維持を続けるだけでは、

どうにも生きていく事が出来ないのです。

「創造」とは「未来に何かを創り出す」事です。

だから私達は様々なモノを「想像」し、「創造」するのです。

イメージを具現化する事が、私達にとって「生きる」事なのです。

 

そんな大そうな事ではありません。

例えば、「ここにソファーがあるほうがいいよね。

だってくつろげるし、見た目もいいし・・・・。」

 

そして次の日ソファーを購入する行動に移すのです。

「想像」したイメージを、具現化する為に行動して「創造」したのです。

私達が日常的に、当たり前に行っている事です。

 

We want to live in hope until the last moment of the world’s end.

Non-human beings live in the programme of the Earth.
They live their lives in a routine.

However,humans are creatures of creation.

Creation is the raison d’etre of human existence.

Therefore,

We cannot live just by maintaining life in a routine way.

‘Creation’ means ‘creating something for the future’.

That is why we ‘imagine’ and ‘create’ things.

To realise an image is to ‘live’ for us.

It is not such a big deal.

For example, “It would be better to have a sofa here.

Because it’s relaxing and looks nice. ・・・・.”

And you go and buy a sofa the next day.

You have ‘acted’ to realise the image you have ‘imagined’.

You have created your ideal future.

Creation is something we do every day.

 

「共に未来を創造する力」=「志」

“The power to create the future together” = “aspiration”.

「禮」を尊び世界禮道連盟HP

「志」を世界に武學舎HP

「我成」共に創る未来を:弥勒相対力学研究所

“Rei” – respect humanity:Reido Universal Federation HP

“Kokorozashi” – Aspirations to the world:Bugakusha HP

“Become Me” – Creating the Future Together:Maitreya Institute of Relativistic Mechanics

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)